どんな映画?!

出典 http://thefaultinourstarsmovie.com

ジョン・グリーンの小説『さよならを待つふたりのために』の映画化作品です。
(タイトルだけで泣けてきちゃいそう...)
昨年6月に全米で公開され、アメリカ映画批評サイト ロッテントマトで批評家の評価82%、観客評価86%と高評価を獲得しています。(2015年1月現在)

不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」(岩波書店刊)を、「ファミリー・ツリー」「ダイバージェント」のシャイリーン・ウッドリー主演で映画化し、全米で大ヒットを記録した青春映画。

脚本を「(500)日のサマー」も手がけたスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーが担当。末期のガン患者で酸素ボンベが手放せない少女ヘイゼルは、両親に言われて嫌々ながら参加したガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服した青年ガスと出会う。

ガスは独自の感性をもったヘイゼルに恋をするが、ヘイゼルは相手を傷つけることを恐れて距離を置こうとする。しかし、大好きな作家の話題がきっかけで2人は距離を縮めていき、その作家に会うためオランダへ旅立つ。そして旅の最終日、ガスはヘイゼルに重大な事実を打ち明ける。

出典 http://eiga.com

脚本はスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー

出典 https://www.tumblr.com

「500(日)のサマー」より

自分が死んだ後の世界が心配で仕方ない女の子ヘイゼルと死んだ後に人々に忘れられてしまうことが恐くて仕方ない男の子ガスが出会います。もちろん、ガン(しかも末期ガン)と向き合う若い男女の話なのでどうしても泣きます、泣かされます。

ただ、それだけの映画ではなくて彼らがあまりに自虐的で笑ってしまうところや「年齢にしては大人だよなぁーー」って感心したり、ほのぼのしたり。

出典 http://june-30th.blogspot.jp

心に響くセリフ満載です!ヘイゼルの母親役には、デヴィッド・リンチ映画でおなじみのローラ・ダーン、2人が憧れる作家ヴァン・ホーテン役はウィレム・デフォー。共演者も豪華です。

火がついてないタバコをくわえるガス流のアピール

出典 http://june-30th.blogspot.jp

「命を奪うものからその能力を奪う」というメタファーだそう...タバコがなくなるとガスは大変なことになってしまう。

ヘイゼルのパパ手作りのブランコのシーンも素敵

出典 http://june-30th.blogspot.jp

演出もポップでかわいらしい...

出典 http://www.hollywoodreporter.com

スマホでチャットする2人。「okay」が2人の合い言葉。
会話が手書き風の吹き出しになっててかわいい!

ガスの悪友 アイザックもガン患者

出典 http://www.hollywoodreporter.com

ヘイゼルとガスを巡り会わせてくれたアイザック(ナット・ウルフ)
最悪の時期(つきあっていた彼女にふられてしまう)にガスに励まされパワーアップ ?!

願いが叶ってアムステルダムを旅することになる...が!?

出典 http://insidemovies.ew.com

高級レストランで食事をした後、念願が叶って作家ヴァン・ホーテンの家に向かう。
ところが...?!

ジョン・グリーンの原作本も根強い人気。

出典 http://www.amazon.co.jp

翻訳はジョン・グリーンの「ペーパータウン」でおなじみの金原瑞人さん(竹内茜さんと共訳)が担当しています。
(金原さんは作家の金原ひとみさんのお父様です)原作タイトルの「The Fault in Our Stars」はシェークスピアの戯曲のセリフ

”俺たちが風下(かざしも)に立っているのは運が悪いわけじゃない。
そもそも俺たち自身が下っ端だからなんだ”

という何とも哀しいセリフから由来しています。「きっと、星のせいじゃない。」という邦題はもともとのタイトルと矛盾しているように思えます。実はそこに主人公2人の願望が含まれているのでしょう。
よいタイトルですね。

監督は新星 ジョシュ・ブーン

出典 http://collider.com

ジョシュ・ブーン(Josh Boone)
生年月日: 1979年4月5日
出身: アメリカ/バージニア州

ヘイゼルとガスを演じる若手俳優2人 +1人(悪友役) に注目。

シャイリーン・ウッドリー(ヘイゼル・グレイス・ランカスター)

出典 http://www.eonline.com

生年月日 1991年11月15日(23歳)

代表作
ファミリー・ツリー(2011)
ダイバージェント(2014)

「ダイバージェント」の続編も今年3月に全米公開されます。
ジェニファー・ローレンスに次ぐハリウッドの新星。声がハスキーなところもジェニファーに通じるところがあります。
「ダイバージェント」と「ハンガーゲーム」も若干内容的に似ている気がしますね。

アンセル・エルゴート(オーガスタス・ウォーターズ)

出典 http://www.cambio.com

生年月日 1994年3月14日(20歳)

代表作
キャリー(2013)
ダイバージェント(2014)

「ダイバージェント」でシャイリーンの兄役で共演しています。

ナット・ウルフ (アイザック)

出典 http://live.huffingtonpost.com

ガスの悪友 アイザックを演じるのはナット・ウルフ。

生年月日 1994年12月17日( 20歳 )

代表作
ニューイヤーズ・イブ (2011)
パロ・アルト Palo Alto (2013) 日本未公開

2015年2月20日 公開

出典 YouTube

”手紙”とても泣かせるシーンですが、これ以上はお伝えできません...劇場で観てくださいませ。

筆者も同じ、人目もはばからず泣きました。。。

音楽もノリのいい、ポップな曲揃い

出典 YouTube

Charli XCX / Boom Clap

出典 YouTube

ED SHEERAN / All Of The Stars

この記事を書いたユーザー

宙蝉 このユーザーの他の記事を見る

宙蝉(そらせみ)とよみます。
映画大好き!映画感想ブログをやっています。どちらかといえばヲタク寄り...シネフィル...かな??!!
写真を撮ることも趣味です。
家族3人+にゃん2匹

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス