日本?海外?

日本国内ではなかなか見ることのできない風景、そして少しオドロオドロしい石像の並び…そこに併せて“あの”物語の世界観を楽しむことができる場所があります。

2001年3月31日にオープンした、あそこです。

出典 http://wpedia.goo.ne.jp

エントランスではセサミストリートのキャラクターが出迎えてくれます。

2014年度の来場者数が1,000万人突破したことが今月12日に発表された、関西の人気スポット「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」。

通常寒い時期の11月や12月は来場者数が夏よりも減るといわれているそうですが、昨年2014年7月15日に園内にオープンした「ハリー・ポッター」の世界観を表現したエリアが人気を集めている模様で、来場者数が減ることなく盛り上がっているようです。

映画好きにはたまらない空間でもあります。

映画に沿った世界観を作り上げているのはもちろんですが、知っているからこそ面白い!という場面にも多く触れることができるので、特に“洋画好きな大人にはたまらない空間”です。

「Part2でタイムスリップした先は、2015年1月14日だった!」なんて記事をここ最近多く見かけている「BACK TO THE FUTURE」のアトラクション、「BACK TO THE FUTURE THE RIDE」では、ブラウン博士と悪キャラでいつも目立っていたビフとのやりとりがなんとも言えません。

デロリアンにまで乗れるワクワク感といったら言葉に表せないものもあり、ついついお土産コーナーでは大人買いしたくなるほどです。

出典 http://www.slantmagazine.com

ビフはどの時代でも憎めない悪キャラです。

特にここの世界観は圧巻!

「人間界を出よう」そんなキャッチコピーがぴったりな空間が「THE WIZARDING WORD OF HARRY POTTER」です。森に囲まれたエリアは完全に“人間界”から遮断され、キャスト陣も私達人間のことを“マグル”と呼ぶ空間です。

何より、建物の佇まいが圧巻です。日本にいることすら忘れてしまうくらい、隅々までが“異空間”でした。エントランスから続く雪化粧が施されたホグズミード、遠くにはホグワーツが見え、そこはすっかりハリー・ポッターの魔法の世界です。

ホグワーツ城内の見学ができるルートもあるので、アトラクションが苦手な方や世界観をじっくり楽しみたい方にもオススメです。

迷っている方へ朗報です。

混雑が続いているみたいだから、行きたいけれど楽しめるかわからず迷ってしまう…そんな方も多いかと思います。どうやらここ最近は「平日」であれば比較的落ち着いているようで、閉園間近にもなるとハリー・ポッターのエリアに入る為の整理券すら「発券しない」ことも多くあるようです。

国内でもまるで“魔法の世界”にいるかのような休日を楽しみたいと考えている方には朗報かと思います。是非暖かい格好をして、“魔法の世界”楽しんでいらしてください。

この記事を書いたユーザー

Mona このユーザーの他の記事を見る

サービス業界の頂点を経験、全ての情報に「当事者意識」を添えるのがモットー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス