1995年1月17日午前5時46分に発生した阪神・淡路大震災から20年。あの日、生まれた子どもたちは新成人となり、廃虚のようだった街には、今では住宅や高層ビルが整然と並んでいます。震災の傷痕は、もうほとんど目には映りませんが、毎年行われる追悼行事には、ここ数年の参加者数を大幅に上回る人が集まり、悲しみを新たにする姿が。

そこで今回は、当時震災を体験した芸能人や著名人から、この阪神大震災に関する思いを綴ったブログ記事をまとめました。

鈴木亮平

出典 http://ameblo.jp

こんばんは、鈴木亮平です。

今日で阪神大震災からちょうど20年が経ちました。
故郷の西宮市に帰る度、その成長のスピードに驚き、あの悲劇からよくここまで発展を遂げたなと誇らしい気持ちになります。またその裏には、間違いなく数え切れない人たちの努力と戦いがあったことと思います。

当時僕はまだ12才でしたが、揺れの瞬間や、早朝に家族と避難した公園、避難所の体育館、給水車や自衛隊の方々、転校してそれきり会えなくなった友達のことなど、今でもはっきりと覚えています。
あれから20年。

俳優という職業を選んだ今、震災を経験した自分が、舞台「HIKOBAE」や「花子とアン」などで震災に関わる役を演じる機会をいただく度、これは偶然ではなく使命なのだと感じます。

『花子とアン』などでお馴染みの俳優・鈴木亮平さんは兵庫県西宮市出身。小学生だった鈴木さんはこの震災により友人との別れを経験。

MINMI

出典 http://ameblo.jp

神戸震災から 20年

戦後は70年なんだって

母方の実家ご神戸で今年もお正月は親戚と神戸で過ごしました。

被災してた頃のこと 今では笑いながら話せることいっぱい。

有難いことだけど忘れちゃいけないですね

テレビの特別番組やニュース

こどもたちと今日は見て黙祷を捧げます

歌手のMINMIさんは母方の実家が兵庫県神戸市です。

宋美玄

出典 http://ameblo.jp

阪神淡路大震災から20年が経ちました。節目の年などと言われ、東京でも例年より阪神淡路大震災に関するテレビの特集が多く放映されているように感じますが、私は昨年や一昨年と同じ気持ちで1月17日を迎えています。

1995年1月17日、私はもうすぐ19歳になろうとしていました。被災したのは最も被害が大きかった地域の一つである神戸市東灘区の自宅でした。大学入試センター試験を終えてすぐ、二次試験に向けて勉強するため5時半に起床してすぐのことでした。大きな揺れの直後、山の手の自宅から見ると海沿いの空が変な紫色に光っていました。幸い自宅は倒壊せずに今でも建っていますが、南隣の家は全壊し、道路は壁や電柱が倒れ、長い間車が通れない状態のままでした。ライフラインの復旧は3月で、水道車が来ると水を汲みに行く日々でした。

4年前に東京に来てからは、地元神戸と関東の「1.17」の空気感の大きな差を感じ続けてきました。他の災害を考えても、現地と他所では災害の記憶の風化の早さの違いは仕方のないことです。今年もその日に帰れなかったけれど、心は神戸をいつも想っています。故郷が神戸で良かった。

医師の宋美玄さんは兵庫県神戸市出身。隣接する家が全壊、道路は電柱などが倒れ封鎖されるなど大きな被害を受けました。

宮地真緒

出典 http://ameblo.jp

毎年恒例になりますが、今年も書かせてください。

阪神淡路大震災から20年が経ちました。

あの時の揺れる天井、母の呼ぶ声、物が落下する音…未だに鮮明に覚えています。

20年。

当時小学生だった私は大人になりました。

大人になって、改めてあの地震を体験した私ができること。皆さんに伝えること。

説得力や知識を得るために、昨年、防災士の資格も取得しました。

阪神淡路大震災、東日本大震災。
大きな地震を2つも経験した私が言えること。
皆さん、地震に備えていますか??
地震はいつか来ます。
私たちが生きている間なのか、もっと先なのかはわかりません。
ただ、いつ地震が起こっても対応できるように備えていてください。

女優の宮地真緒さんは淡路島出身。宮地さんは、1月17日には欠かさずブログで震災への思いを綴り、防災への準備を呼びかけています。

じゅんいちダビッドソン

出典 http://ameblo.jp

阪神大震災から20年なんですね。

自分はあの時成人式で尼崎に帰ってて。

下宿先の愛知県に戻ってすぐに揺れたのを思い出しました。

地元ですが。直接の知り合いでお亡くなりになった方はいませんでしたが。

家の壁にヒビが入ったり、家が壊れて、しばらく避難所にいた友人もいました。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに。
忘れないようにしないといけませんね。

大事に生きないとですね。

サッカー・本田圭佑選手のモノマネで知られるじゅんいちダビッドソンさん。震災当日は下宿先に戻っていて難を逃れたものの、友人が避難所生活を過ごすことに。

政井マヤ

出典 http://ameblo.jp

今日1月17日で20年を迎えた阪神・淡路大震災。

当時、高校3年だった私も神戸の自宅にいました。山側にあったので被害は其れ程ひどくはありませんでしたが、地震の揺れよりも、その地響きのような凄まじい音をよく覚えています。

家族と一緒だった安堵感。
停電により情報が遮断されて何が起こっているのか分からない不安。
ガス管が破裂したのを懸命に直して回っていた作業員の方々の姿。
スーパーからモノというモノが全て消えた光景。
ご近所との連帯や震災ルックと呼ばれたリュックとマスク、黒っぽい服の閉塞感。
様変わりした街を目の当たりにした時の衝撃。

断片的ではありますが、いろいろと思い出します。

フリーアナウンサーの政井マヤさんは実家が兵庫県神戸市。当時高校3年生だった政井さんは、様変わりした街が今でも目に焼き付いているようです。

藤原紀香

出典 http://ameblo.jp

黙祷に向かいます

私たちは、災害でお亡くなりになられた人々の上に、生かされている、と私は思っています。

だからこそ、今を懸命に生きなきゃ。

そして、次の世代に震災のこと、いざという時、自分を、家族を、守れること~防災を学び、伝えることが失われた命を無駄にすることなく、生きている私たちにできることだと思います。

外はとても冷えています。

これから黙祷です。


2015年 1月17日 5時46分。

兵庫県西宮市出身の女優・藤原紀香さんは震災の起きた日に黙祷へ。「今を懸命に生きなきゃ」と改めて決意を語っています。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス