高田馬場に巫女さんのいる「神社カフェ」があります。メイドカフェや巫女さんカフェといったコンセプトカフェではありません。リアルに室内に「神社」があるヒーリングカフェ。それがここ『神々の森神社』。一体どういうこと……?

ビルの3階に……鳥居!

出典 http://news-act.com

伊豆栄ビルを3階まで上がると突然、こんな佇まいでお出迎えですよ。

神社なのに扉がある。

むぅん。。。
とにかく扉をガチャリと開けて中へ。

出典 http://babashinbun.com

高田馬場・早稲田通り沿いのビルの3階。そこに『神々の森神社』があります。神社なのに扉がある。というか扉を囲うように鳥居が壁に張り付いている。不思議だ……。

高田馬場駅から早稲田通りをまっすぐ進むこと徒歩5分、1Fにうなぎ屋が入るビル3階の館内に森の中の神社があるという占いヒーリングカフェ「神々の森神社」入口にある鳥居をくぐれば、そこは神聖な神社がお目見え。築220年の歴史を誇る神社を遷して祭ったというこちらは、高田馬場の守り神としての呼び名も高い。

出典 http://www.jimore.net

ビルの室内に……境内!

出典 http://babashinbun.com

そして本殿!

出典 http://news-act.com

出典 http://news-act.com

ビルの3階のテナントながら、室内には玉砂利が敷き詰められ、そして220年の伝統ある本殿が鎮座している。これはもう、完全に神社。

しかし、確かに「カフェ」でもある

出典 http://babashinbun.com

北澤さん「お茶は20種類以上を取り揃えています。ちなみに火・木・土曜日の18~23時が開門日でして、ご予約なしでご自由にお越し頂けます。入場料500円で、お茶がいくらでもお飲み頂けます」

出典 http://babashinbun.com

と語る「北澤さん」とは、この『神々の森神社』の代表、北澤礼詞さん。単純に巫女さんの格好をした女性が接客するコンセプトカフェなのではなく、由緒正しき神社が祀られたカフェであり……

神野栖さん「はい。そしてこの施設で一番重視しているのは、占いとカウンセリングです。その昔、神社は人々の心を癒すカウンセリング機能を持っていたんですね。そうした本来の神社に近い、新しい癒しの場所を目指しています」

高田馬場新聞「お茶を飲んで心を落ち着けて、占いを通じたカウンセリングを受けるというわけですね」

出典 http://babashinbun.com

「占い」も出来る。そんな場所。

なお、ここに引用した「高田馬場新聞」記事本文に登場する「神野栖さん」が、こちら『神々の森神社』の巫女さんです。巫女さんですが、「産業カウンセラー・CDAキャリアカウンセラー」の資格の持ち主。

そして代表である北澤礼詞さんも同様に、「認定産業カウンセラー・神職・占術研究家」という肩書をお持ちになっている。

さて、そんな『神々の森神社』で受けられる「占い」とは――。

『神事占』による占いカウンセリング

出典 http://babashinbun.com

「神々の森神社」で行われる占いは、神事占(しんじせん)と呼ばれる伝統的な神事が起源となるカードを使った占い。未来を見るだけではなく、占い師が導かれたカードからお客さんが感じたイメージや感覚を共有することで、お客さんの心と向き合い、いま必要なことや未来へのメッセージを伝えてくれる。

出典 http://www.jimore.net

 北澤「この占いは、具体的な物事に関する吉凶を占ったり、ああしろこうしろと提案するものではありません」

 私自身が引いたこの2枚のカードが「示すもの」を、北澤さんと私で読み解いていく。

 ――なるほど、だから「占い」ではなく「占いセラピー・カウンセリング」……

 北澤「左様でございます」

都合15分ほどのこのカウンセリング。現在の私の状況と今後どう進むべきか。カードをきっかけに、自分自身の内面を見つめなおし、自分自身で「気付く」。

出典 http://news-act.com

占い師による一方的な「託宣」ではなく、受ける者が自ら「気付く」事を重要視したタイプの占い。それが『神々の森神社』の「占いカウンセリング」というわけです。

まとめると……

・リアルに神様が祀られている、「ビル室内神社」

・自由に来訪出来る「カフェタイム」は火・木・土曜の18〜23時

・カフェタイムは500円の入場料で、様々なお茶が飲み放題

・占い・セラピーは曜日・時間に限らず随時予約制/カフェタイムのみ飛び込み申し込み可

・「神事占」(セルフセラピー)を学ぶワークショップも定例開催

出典 http://news-act.com

なお、「占い(カウンセリング)」は15分3000円、40分5000円となっており、カフェタイムである”開門時間”内に占いを行った場合は、500円の入場料は無料となるそうです。

今回引用した元記事のうち「高田馬場新聞」様とは、実は筆者自身、別の機会に一度一緒に『神々の森神社』へお伺いしていました。

来訪する前の双方の印象は「どんなイロモノなスポットだろう?」という興味本位の共通認識。ですが実際訪れてみると、由緒正しい神社であり、ヒーリングスポット。ゆえに正式に取材という形で、お互い記事化したという経緯があります。

お悩みのある方、自分自身を見つめなおしたい方、占いを受けてみたい方。それに限らずちょっと癒やしの雰囲気に触れたいなあという方でも、気軽にお茶を飲みに行く感覚で参詣出来る、ちょっと不思議なビル内神社。それがここ『神々の森神社』。

自由に参詣出来る”開門時間”は限られていますが、占い・カウンセリングは予約でいつでも可能ですよ。

この記事を書いたユーザー

猪原賽 このユーザーの他の記事を見る

マンガ原作者 / ブログNewsACT[http://news-act.com]管理人。代表作は『学園ノイズ』『悪徒-ACT-』『伴天連XX』など。現在『放課後カタストロフィ』(月刊ヒーローズ)、『ガンロック』(別冊少年チャンピオン)連載中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス