公開からわずか2日で30万回以上再生された動画をご紹介します。YouTubeで2日前に公開され、すでに約2,000件のコメントがついています。

動画のタイトルは、「助け出された12頭の犬、感動の変身」。

どこから助け出されたのかというと、シェルターです。日本だと保健所、動物愛護センターにあたるでしょうか。

アメリカでは年間760万頭ものペットがシェルターに保護されていますが、そのうち犬が半数以上の390万頭を占めています。そして里親が見つかるのはわずか140万頭にすぎません。

そんな彼らに家族ができると、どんなふうに変わるのでしょうか。12頭の感動の変身、ビフォー・アフターの画像を集めた1分45秒の動画をご覧ください。

出典 YouTube

おびえた表情、皮膚病に侵された体、がりがりに痩せあばらが浮き出る背中。家族ができ、愛情を持ってケアすると見違えるように生き生きとしていますね。家族ができて本当によかったですね!

なお日本では、平成25年度で年間約6万頭の犬が保護され、約3万2千頭が返還・譲渡されています。

アメリカに比べれば少ないとはいえ、年間3万頭近くの犬が殺処分されている現状があります。また、猫についてはさらに多く、年間10万頭近くが殺処分されています。

ペットを飼うときは、最期まで責任を持って飼いましょう。また、新たにペットを飼い始めるときは、ペットショップやブリーダーから買うだけでなく、動物愛護センターや地域猫の保護団体から譲り受けることも検討してはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

じゅじゅごん このユーザーの他の記事を見る

IT業界20うん年。ITのほか育児、料理、英語、日本語などに興味がある中高生2人の子を持つ母。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス