今日1月15日は「いいイチゴの日」。この日に向けて、イチゴを使った色んなスイーツやデザートがお目見えしてます。

ケーキにパフェに、洋菓子ととっても相性のいいイチゴ。そんな中、注目度が低そうな「イチゴを使った和菓子」を各地からピックアップしてみました。

栃木県産とちおとめを使用した「いちご羊羹」

栃木県のお菓子です。

イチゴを模したカワイイパッケージの中から出てきたのは、イチゴジャムを煮詰めたような風味と色合いの羊羹。

イチゴと羊羹のコラボというチャレンジ精神が認められて、こちらは「菓子博会長賞」を受賞した逸品です。

「小江戸の心 苺」は、埼玉県川越市のお菓子です。

イチゴ餡をホワイトチョコでコーティングした、フルーティな餡子玉といったお菓子です。

口の中に入れるとすっーと溶けていく、「白露宝」と似た食感のお菓子です。

「あわ雪豆腐 いちごソース付き」は愛知県岡崎市のお菓子です。

豆乳を使った寒天プリンともいえる、ぷるぷるの食感にイチゴソースの酸味がベストマッチ。冷やして食べるのがおススメです。

「いちごブッセ」は博多のお菓子です。

ブッセは洋菓子か和菓子か。悩むところですが、なぜか和菓子屋さんでよく見掛けるブッセ。

こちらは季節限定の「いちごクリーム」入りです。

「おとし文 苺」は東京のお菓子です。

出典 http://www.seigetsudo-honten.co.jp

苺のフリーズドライ入り白餡でミルク餡を包んだ、餡子in餡子でやさしい口どけです。こちらも2月14日までの季節限定商品です。

洋菓子に負けない進化をとげる和菓子から、イチゴ入りのものをピックアップしてみました。

「いいイチゴ」はジャンルを超え、和菓子の世界にもすっかり溶け込んでいました。

「つぶつぶいちごポッキー ハートフル」

最後に、イチゴといえば忘れちゃいけない「つぶつぶいちごポッキー」、その名も「ハートフル」。

いつの間にかプレッチェルがハート型に進化してました。

洋菓子や和菓子に負けず、日本が世界に誇るスナック菓子も、着々と進化を遂げてるようです。

この記事を書いたユーザー

ウォルサム このユーザーの他の記事を見る

とある地方都市在住の暇な人です。おかたいところとばっかり縁があった反動で、すっかりゆるふわ好きになりました。リラックスして楽しめる、そんな情報をお届けしたいと思ってます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス