1997年に大ヒットした、ドラマ「ひとつ屋根の下2」の挿入歌「ひだまりの詩」を覚えていますか?

「逢え~なくなって~どれくらい~たつのでしょう…」という歌い出しで、切ない歌詞と優しい歌声、当時よく耳にしていたことも多いはずです。

今回は、その「ひだまりの詩」を歌っていたル・クプルのボーカル藤田恵美さんが、今までのイメージがガラッと変わる新曲を出すということなのでご紹介します。

癒しの名曲「ひだまりの詩」

ひだまりの詩/Le Couple

出典 YouTube

まずは「ひだまりの詩」を聞いてみてください。懐かしいですね!やっぱり名曲、当時、私や友人たちもカラオケでよく歌っていました。

藤田恵美さんプロフィール

出典 http://emifujita.jp

出身地: 東京都清瀬市
誕生日: 5月15日
血液型: A型

1994年にLe Coupleのボーカルとしてデビュー。

1997年に「ひだまりの詩」で180万枚の売り上げを記録しNHK紅白歌合戦に出場。

2001年からソロプロジェクトを始動
『聴きながらゆっくりと眠れるアルバム』 をコンセプトにした洋楽カバーアルバム、カモミールシリーズが香港から火がつきアジア各国でが大ヒット。

出典「藤田恵美Official web site」より抜粋

話題の新曲「飲んじゃって…」

出典 YouTube

驚きましたね!今まで、癒しのバラード曲を中心に歌ってきた藤田さんですが、今回は「ザ・昭和」といった感じのノリノリの演歌歌謡なんです。

出典 http://news.ponycanyon.co.jp

2015年1月21日にポニーキャニオンより発売。

カップリング曲の「小樽運河」は、都はるみさんが6年振りに復帰を果たした際のシングル曲にジャズアレンジを施し、藤田さんが新たな解釈を吹き込んだスムース­なカヴァーとなっています。

元ル・クプルの藤田恵美が唄う“宴会歌謡曲”「飲んじゃって・・・」が有線ランキング歌謡演歌部門の問い合わせチャートで1位を獲得した。

この楽曲は昨年12月より有線にてジワジワとオンエアされていたようで、キャッチー過ぎるメロディと宴会向きな歌詞の世界観が見事にハマり、全国各地より問い合わせが殺到。見事、問い合わせチャート1位になったようだ。

出典 http://news.ponycanyon.co.jp

有線でも話題のようです。

リスナーとしては、藤田さんが新境地に挑戦したと思うかもしれませんが、実は、藤田さんが中学生時代に演歌歌手としてレコードを1枚リリースし、全国を廻っていたそうです。

それにしても、どんなジャンルでもこなせてしまうのは凄い!今までの曲も素敵ですが今回の新曲も乗りが良くて幅広い年代に愛されそうですね。

この記事を書いたユーザー

YUMI このユーザーの他の記事を見る

グルメ・美容・動物など…気になったことや、自分のお気に入りをご紹介できたらいいなと思っています。よろしくお願い致します。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス