サッカーをあまり知らない人も、「武藤」という名前を一度は聞いたことがあるだろう。ないしは「慶應ボーイの日本代表」なんていう噂を耳にした方もいるかもしれない。どれもこれも本当で、今の日本代表には「武藤嘉紀(むとうよしのり)」という22歳の若者がいる。いろいろ気になったので、早速調べてみることにした。

出典 http://digital-soccer.net

どう見てもイケメン…

武藤その1:東京は世田谷区出身!

出典 http://sumai.itot.jp

武藤選手の歴史を紐解いてみると、早速目に飛び込んできたのは、「東京都世田谷区出身」の一言。と、都会…何の疑いようもない、オシャレな街。ど田舎出身の筆者は、早くも恐れおののいてしまった。

武藤その2:ということは慶應は幼稚舎…じゃなかった!

世田谷といえばお金持ち、お金持ちといえばお受験組…ついそんなステレオタイプに走りかけてしまった時だった。たまたま通りがかった本屋さんに平積みされていたもの、それは…

「サッカーバカ」なんて言葉を死語化するような、「文武両道」の大きな文字!!そしてそこに武藤!!思わず中を立ち読みすると、武藤選手は中学時代、下校後にクラブチームへ通い、そこから帰宅して深夜1〜2時まで勉強していたという。なんじゃそりゃ。私は中学時代、日付を越すのは大晦日だけだったよ…

武藤その3:晴れて慶應高校、大学、そしてプロ契約!

出典 http://www.logsoku.com

彼の努力は実を結び、めでたく慶應義塾高校へ入学。そこから大学へ進学し、さらに在学中からJリーグのFC東京とプロ契約!何から何までキラキラすぎる。

武藤その4:キラキラしたままベストイレブン!

出典 http://thepage.jp

そしてこの青年は、プロ1年目で新人最多得点記録タイ。漢字だらけだけど、要はゴールをたくさん決めて、挙句ベストイレブンという賞までもらっちゃったらしい!

武藤その結末:でもやっぱり「大学生」だった。

そうか、そういう、もう自分とは全く違う星の下に生まれた人なんだ…そう思いかけた時、奇跡的に見つけたのが写真の姿。テレビ朝日系列の「やべっちF.C.」で、彼はこんな姿を見せていたのだ…むとう…22歳よ…やっぱり大学生だったんだね(涙)

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス