大人になると、職場の上司や義理の両親等、何かと目上の方に贈り物をする機会が増えますが、良かれと思って贈ったプレゼントでも、残念ながらそれが相手に失礼にあたる場合があります。

いわゆる「しきたり」といいますか、マナーと言われる”ヤツ”ですね…まことしやかに語り継がれているそのマナーとやらも、冷静に考えれば「ただのヘリクツじゃないか…いったいいつの時代に誰が言い出したのか?」とつい思ってしまうものもありますが、大切なのは贈られた側の気持ち。

せっかく贈り物をしたのに、贈った相手に「なんだアイツ…」と思われてしまわないように、目上の方に贈ってはいけない贈り物をおさえておきましょう。

目上の方に贈ってはいけないもの

▼スリッパなどの履物

出典 https://www.sasawashi.com

▼靴下

出典 https://www.kobekiito.co.jp

履物や靴下等、足で履くものは…

目上の人にプレゼントするのは「足で踏む」という意味合いから失礼になるそうです。

出典 http://josei-bigaku.jp

▼時計

出典 http://www.gettyimages.co.jp

時計やカバンは「より勤勉に」という意味があり、目上の人に贈るのは失礼とされています。

出典 http://www.bellemaison.jp

▼ベルト

出典 http://item.rakuten.co.jp

ベルトは「腹を締めてください」という意味になります。これは「太っている」という意味ではなく、「気を抜くな!」という意味です(笑)。ベルトを贈った場合は「今の部署では気を抜いていたけど、新しい職場では気を抜くなよ!」という意味になってしまうので避けた方がよいでしょう。

出典 http://type.jp

▼筆記用具

出典 http://www.gettyimages.co.jp

万年筆やボールペンといったものは「もっと精進してください」という意味。

出典 https://type.jp

上司に贈ってしまうと「もっと頑張れよー」といった意味にとられてしまうとか…

▼商品券等、金券類

出典 http://adachisekiyu.com

商品券なども相手を低く見ている印象を与えてしまう場合があります。

出典 http://news.mynavi.jp

「せっかくだから、本当に喜んでもらえるものを購入して欲しい」という気持ちで贈っても、相手には「何でも好きなものを買いなさい」と、上から目線で言われているように感じさせてしまうからだと言われています。

出典 http://www.excite.co.jp

タブーとされているものは、皮肉にも実際に贈ったら役に立ちそうなものばかり…笑。ベルトや万年筆等は、自分で頻繁に買い替えるものではないので、プレゼントしたら喜ばれそうですが、目上の方に贈るのはマナー的にはタブーなのだとか…

今後、贈り物をするときは、ちょっと気にしておくと安心かもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

あおき れいこ このユーザーの他の記事を見る

「ほー」とか「へー」と思っていただけるような記事を書いて行きたいと思っています。
twitter: @_AokiReiko

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス