チョコビールを知っていますか? 「チョコ」と書いてありながら、チョコレートやカカオは不使用。ビールの原料のみで作られています。

今回は、メディアでも話題沸騰の「サンクトガーレン」という日本最老舗地ビール会社の商品をご紹介します。

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵で、国際大会金賞常連ビールも多数取り揃えられているお店です。

チョコビールを詳しく説明

通常ビールに使うベース麦芽は約85度で焙煎。きつね色です。

一方、黒ビールに使うブラック麦芽は約220度の高温で焙煎。ベース麦芽が焦げた状態で、真っ黒。かじるとコーヒー豆のような苦さが。

ベース麦芽~ブラック麦芽の間には様々な温度で焙煎した麦芽が存在し、 異なる風味や色をビールにもたらします。

ブラック麦芽の1歩手前、約160度で焙煎された焦げる寸前の麦芽が、このビールに特徴的に使っているチョコレート麦芽。色はダークな茶色で、かじるとほろ苦いビターチョコ風味がします。

この「チョコレート麦芽」からチョコレート風味を引き出しているのが、サンクトガーレンのチョコビールです。あくまでビターなカカオ風味。決してお菓子のような甘さはありません。

出典 http://www.sanktgallenbrewery.com

出典 http://www.sanktgallenbrewery.com

サンクトガーレンのインペリアルチョコレートスタウト。

2006年より毎年バレンタインシーズンに限定販売している“チョコビール”の代名詞ともいえる商品。累計販売本数は20万本を超える。

実際にチョコビールを飲んだ人の感想

日本ではまだまだ認知度の低いチョコビール。

「なんだか甘そう」と思われるかもしれませんが、ソーセージやスモークサーモン、ベーコン、スモークチーズなどのスモーク品を使った料理との相性も抜群なのだとか。バレンタインではその新鮮さと珍しさで喜ばれそうですね。

オレンジ風味やバニラ風味など、味のバリエーションも豊富なので彼のお好みの味をチョイスしてみては?

この記事を書いたユーザー

ぶーちゃん このユーザーの他の記事を見る

新人ライター。気ままーに、記事を書いていこうと思ってます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス