ピラニアと言えば、ブラジルなど南アメリカ全域に住む鋭い歯を持つ凶暴な淡水魚。ブラジルではかなり身近な魚のようです。

そしてこうやってピラニアを釣るんだそうです。

出典 YouTube

ええと、これは「釣り」と言えるのでしょうか?

竿もテグスも釣り針も、もちろん仕掛けもルアーもありませんね。

鶏肉のようなえさを入れるとあれよあれよという間に、数匹が食いつきそのままバケツの中に入っていきます。

動画のコメント欄にはこのような投稿がありました。

「ピラニアっておいしいの?」

「チキンみたいな感じでおいしい。」

出典 https://www.youtube.com

「子供の声がしたから最悪の事態を想像しちゃったよ」

「絶対落ちたくないな」

「 ブラジル在住です。この魚についてはいろんな通説があるようです。私も今まで何度もやりましたが、”ブラジルのほとんどの場所で(全部ではない)”ピラニアと一緒に泳ぐことができます。ほとんどのピラニアは害を与えることはなくおとなしいのです。

ブラジルの北の果てのアマゾン川に住む、ほんの一部の種類だけが凶暴です。でもみんな投稿するとき、どこのピラニアか書いてくれないんだよね。」

出典 https://www.youtube.com

そうなんですね!

鶏肉でピラニアを釣っている女性はサンダル履きですし、不安定な足場で心配でしたが、多分誤って川に落ちてしまっても大丈夫なんでしょう。

ただあの食いつき方を見ると、やっぱり怖いですけど・・・

なお上の引用の通り、ピラニアとはアマゾン流域に住む淡水魚の総称で、おとなしいのから凶暴なのまで、いろいろな種類がいるようです。

この記事の一行目に書いた「鋭い歯を持つ凶暴な」というのは、一部のピラニアにしか当てはまらないようですね。

それにしても、この入れ食いのレベルは半端ないですね。こんな釣りならやってみたいです。

ピラニアの種類を確認したうえで。

この記事を書いたユーザー

じゅじゅごん このユーザーの他の記事を見る

IT業界20うん年。ITのほか育児、料理、英語、日本語などに興味がある中高生2人の子を持つ母。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス