こんにちわ。世界遺産探険家の遠藤まさみです。

長く海外を旅していると恋しくなるものがあります。それは「お風呂」「浴槽」「湯船」・・・・・。

安宿に滞在していると、もちろんそんなものはありません。シャワーだけの日々が続きます。特に寒い地に滞在している時、ヌルいというより最早寒いとしか言いようが無く、チョロチョロとしか出ないぬるま湯シャワーを浴びていると風邪引きますよ。

カラスの行水になってきますね。温かい湯船につかって体の芯から温まりたいという夢をみます。

今回は、そんな夢を叶える「ラオスの薬草サウナ」に行ってみました。

首都ビエンチャンのどまんなかにある「HERBAL SAUNA」

出典世界遺産探険家

ラオスの首都ビエンチャンの中心地、欧米人やバックパッカーで賑わう界隈にひっそりと「HERBAL SAUNA」の看板が。

青くてでっかい看板じゃありません。その下の小さな看板。白い矢印に「HERBAL SAUNA」の文字がひっそりと。

出典世界遺産探険家

細い路地をまっすぐ進んで、突き当りを右に曲がります。立地から観光客にも人気ですが、地元ラオ人やお坊さんも通っています。

出典世界遺産探険家

到着。

まずは受付でお支払い。

出典世界遺産探険家

門をくぐってすぐの所に受付があります。基本毎日13時から21時までとなっていますが、13時に行ったら「まだ温まってないから2時に来て」とか言われたりします。日曜日に行ったら休んでたりします。

ラオスなのでご愛嬌。

受付で入場料(サウナ代)とレンタルパレオ代を支払い。

マッサージもここで合わせて予約をします。今回マッサージも申し込もうとしたら、今日はもう一杯とのこと。正月(1月2日)で観光客も多かったようです。残念。観光シーズンは早めに来て予約するのが良さそうです。

出典世界遺産探険家

こちら料金表。
1月2日に来た時は15000KIPだったのに、翌週きたらなんと20000KIPに値上げされていました。

出典世界遺産探険家

お会計を済ませると、ロッカーの鍵とコップを貰えます。と、パレオ(レンタル)

出典世界遺産探険家

ところでで、カウンターの横にあるこれらは一体何なのでしょうか。別途有料の飲み物なのでしょうか。

出典世界遺産探険家

休憩場所となる中庭。

その周りに更衣室・マッサージ室・サウナ・水浴び施設があります。かなりオープンエアな感じです。

出典世界遺産探険家

一応女性用更衣室。入口にドアは無いので、男性側のロッカーが一杯になったら女性側も男性に開放されるほどオープン。着替えは奥に更衣室があるので大丈夫。

着替えが終了したら、ロッカーに荷物をしまって準備完了、いよいよサウナです。

いざ!ラオス伝統の「薬草サウナ」へ

出典世界遺産探険家

とりあえず、水をかぶって汗を流して・・・・

出典世界遺産探険家

薬草サウナへ!

一応男女別になっていますが、たまに「女性用はまだ温かくなってないから、こっち入ってて」って言われたりしますが、ラオスです。ご愛嬌。

中は真っ暗の湯けむりモクモク。日本のスーパー銭湯的な精油スチームサウナと違い、生ハーブを使っているので、香りと刺激が段違い。最初は真っ暗で目は慣れないし、湯気は熱いし香りにも圧倒されましたが、、、数分経つと居心地が良くて堪らなくなってきます。

出典世界遺産探険家

中庭のテーブルで休憩しつつ、出たり入ったりを繰り返します。テーブルにはハーブティが常備されていて、受付でもらったコップで飲み放題。最高ですね。

ラオス式サウナの真骨頂「手作りパック」で肌が蘇る

出典世界遺産探険家

と、ここでスタッフのお姉さんが「パックしない?」と。パックですか、なんですか。と思って受付に導かれると「どれ入れる?」

なるほど、飲み物用じゃなくてパック用だったんですね。この食料。はちみつにコーヒーにターメリックにオーツなどなど、色々あるので、お勧めをチョイスしてもらいました。

出典世界遺産探険家

お姉さんセレクションがこちら。

「牛乳・タンマリン・コーヒー」

3分クッ○ングじゃないよね。

出典世界遺産探険家

どっかから音楽が流れてきそうな。

出典世界遺産探険家

お姉さん、容赦なくかき混ぜます。

出典世界遺産探険家

一体全体どんな美容効果があるのかわかりませんが、とにかく全身にぬって!という事でわっせわっせと塗りたくります。

コーヒー牛乳の香りが体全体から漂ってきます。さっきまでのハーブサウナの良い香りは、コーヒーに完全に負けてしまいました。嗚呼。

出典世界遺産探険家

顔にもペタペタ。「食べ物で遊んじゃいけません」って子供の頃言われましたね。

出典世界遺産探険家

ミルクコーヒーの肌〜なんて歌ありましたっけ?年齢バレますか。なんだかハイテンションになりました。これもきっとコーヒー成分のお陰でしょう。

このままサウナ→水浴び→塗りたくり→サウナを繰り返します。なんだかお肌がしっとりしてきた気がしますが、サウナのお陰なのか、パックのお陰なのか、いやきっと相乗効果なのでしょう。

やみつきになりました。

出典世界遺産探険家

なんだかんだ数時間を過ごしたわたくし、翌日から毎日通うようになったのは言うまでもありません。

正直な所、どのハーブが何に効くとかパックのどの成分が良いとかさっぱりわかりませんが

「気持ちいい」

って感想で充分な訳ですよ。日本よりも日差しの強い東南アジア。肌も乾燥気味になりがちだし、ゆっくりじんわり汗も流せるラオスの薬草スチームサウナ、最高!

この記事を書いたユーザー

遠藤まさみ このユーザーの他の記事を見る

■自己紹介
世界遺産を見る旅に出るため、脱サラから旅人に転職。
数百円の安宿から数万円の高級リゾート迄、年間100件近くの宿を渡り歩くホテルマニア。
世界遺産・ホテル・温泉・ビールが最早人生の旅人は、片言の英語と中国語を駆使して世界の何処かで生きています。

■プロフィール
T関連専門学校卒業後、オフィス機器メーカー・専門商社・コンサルティングファームと異業種を渡り歩く。幼少時から世界遺産が好きで、いつか世界遺産を巡る旅に出たいと胸に秘めつつも実行に移せず数十年。現在の夫と出会い意気投合し、世界遺産探険家として新たな人生を歩む事を決意。現在に至る。

2013年6月 車にて約2ヶ月半かけて日本一周。
2013年9月 世界旅行に出発
台湾・フィリピン・中国・ベトナム・カンボジア・タイ・マレーシア・シンガポール・ブルネイ・スリランカ・インドネシア 計11ヶ国滞在 54の世界遺産と9つの暫定リストを制覇。
2014年9月 世界旅行2年目突入!今年の目標は西アジアに辿り着くこと。

今年も世界遺産制覇目指してがんばります。

権利侵害申告はこちら