池袋に現れた都会の癒し空間

「ペンギンのいるBAR」は「池袋という都会の只中だからこそ癒しとくつろぎに満ちた空間づくりをしたい。」というコンセプトで作られたペンギンと触れ合えるバーです。

女性にとても人気のスポットになっており、週末は予約必須!開店前に長い列ができていることもあります。

ペンギンたちがお出迎え

店内へ入ると最初はペンギンたちが水槽の端に集まって並び、私たちを出迎えてくれました。

確かに眺めているだけで癒されます!テンションもついつい上がってしまい、ストレスが吹っ飛びそうです。

ここにいるペンギンたちは2組のカップルだそうで、それぞれに名前も付けられており、スタッフにも愛されています。

店内の環境は、客が座る席もゆったりめの座席配置を心掛け、ペンギンたちの水槽もゆとりある設計で彼ら自身にストレスがかからないよう配慮しているのだそうです。

ペンギンモチーフがいっぱい

ペンギンに会えるというだけでなく、店内にはペンギンをモチーフにしたものが色々とひそんでいます。たとえば入店してすぐに提供されるおしぼりはなんとこのようにペンギンの形になっているのです!

さらにドリンクでは「ペンギンBARオリジナルフローズンカクテル」をオーダーすると、くちばしなどを象った可愛らしいペンギンのカクテルが登場しました!

こちらはペンギンのラブストーリーをモチーフとしたハート型のサラダ「Lovely トマトサラダ」

ペンギンは一度カップルになると一生その相手と寄り添い、お互いを助け合いながら生きていく習性をもっているのだそう。そんなペンギンのような永遠の愛を!という想いを込めたメニューです。この料理を食べたカップルは幸せになれるかも!?

魚介を使用した本格的料理の数々

料理メニューは魚介を使用した本格的メニューが揃っており、中でもユニークでオススメなのがイカスミを使った黒い洋風釜飯です。

オーダーすると、目の前で釜の下に火がつけられ、数十分間炊き上げてから頂きます。出来上がるのに時間がかかるメニューの場合、注文するのをためらってしまうこともありますが、このお店なら待ち時間の間にペンギンを間近に見に行ったり一緒に写真撮影を楽しんだりできるのでとても有意義に過ごすことができます。

サーモンといくらのクリームパスタも女子好みのメニュー!このお店では他にも魚介を使用したメニューが沢山あるのですが、中でもお店のイチオシの料理は一尾丸ごとを鉄板焼きにしたオマールエビです。スパイシーオーロラソースか特製タルタルソースをチョイスして食べることができます。

エサやり体験もできます!

運よく一番前の席に座れると水槽までこの距離感です。

遠くの座席になってしまった人もご安心ください!食事の途中でエサやり体験の時間が設けられているのです。その時には一人一人ペンギンに魚を手渡ししていきます。もちろんその姿を写真におさめることも可能です!

女子会プランやペンギンコースなどお得なコースも用意されているので、仕事の帰りに気軽に訪れてみてはいかがでしょう。きっとペンギンたちが日ごろの疲れを癒してくれるはず!

水族館での体験と同じくらいにペンギンと接近できるので、遠方からの観光の1コマとしてもオススメできるスポットです。

この記事を書いたユーザー

野山 苺摘(のやま いづみ) このユーザーの他の記事を見る

フードアナリスト2級&講師と調理師の資格を持つグルメライター(Twitter@15diary)
有名人向けブログサービス「LINE BLOG」もスタートしました!(http://lineblog.me/ichigo/

専門家が教えるあなたの旅先ガイド『たびねす by Travel.jp』(http://guide.travel.co.jp/navigtr/500/)で旅行ナビゲーターとして執筆しています。

最近は謎作家としても活動中★
今後も常に新しいことにトライし続け、皆様にリアルな体験談を届けて行けたらと思っています♪

権利侵害申告はこちら