家具やフローリング、テレビ等につくホコリ。気になりますよね。
掃除をしてもしても、また積もる、積もる…

そんなお悩みは、どこの家庭にでもあるあの液体で解決するそうですよ。

それは…



ちょっと意外ですが、『柔軟剤』。

まず、「柔軟剤なし」で普通に水拭きした棚と、「柔軟剤あり」で水拭きした棚の3日後の違いをご覧ください。

▼普通に水拭きした棚の3日後

出典 http://josei-bigaku.jp

3日で結構、埃っぽくなっていますね…

▼「柔軟剤」を混ぜて拭き掃除した棚の3日後

出典 http://josei-bigaku.jp

3日経っても、ほとんど埃は目立ちません!

では、さっそく「柔軟剤を使った掃除の方法」をご紹介します

▼準備するもの

出典 http://josei-bigaku.jp

・バケツ
・拭き掃除用のタオル
・洗濯用柔軟剤

※衣類用の柔軟剤ならなんでも大丈夫です

1)バケツ1杯の水に対して、柔軟剤を5、6滴入れます。

2)拭き掃除用のタオルをバケツに入れて、固~く絞って拭いてください。

あらかじめホコリをクイックルワイパーやハンディワイパーなどで取ってから拭くとホコリが張り付かずにきれいに拭けます。

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

なぜ「柔軟剤」を入れるとホコリがつきにくくなるのか?

ポイントは静電気。

柔軟剤の成分が静電気を予防するため、埃がきれいに取れます。

出典 http://allabout.co.jp

柔軟剤の成分がコーティングの役目を果たし、次の汚れをつきにくくさせる効果もあるのだとか!

出典 http://allabout.co.jp

予め「柔軟剤スプレー」を作っておくと便利です

▼柔軟剤の量は…?

濃度の目安は、200mlの水道水に柔軟剤小さじ1ほど。

出典 http://allabout.co.jp

お掃除したい場所に吹きつけて、乾いた布でよく拭き取ってください。

出典 http://allabout.co.jp

<柔軟剤スプレーを作る時の注意点>

水は水道水を利用して、ミネラルウォーターや浄水は避けて。使いきれるだけの量を少しづつ作るのがコツです。

出典 http://allabout.co.jp

作ったクリーナーは3、4日で使い切るようにしてください。

出典 http://allabout.co.jp

柔軟剤を入れてお掃除するメリットはもう1つあります。

それは香り。いい香りに包まれてお掃除したら、拭き掃除も気持ちよく出来ますから、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

あおき れいこ このユーザーの他の記事を見る

「ほー」とか「へー」と思っていただけるような記事を書いて行きたいと思っています。
twitter: @_AokiReiko

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス