これを知っていますか?

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

福岡に「太宰府天満宮」という神社があります。初詣はきっと大賑わいだったことでしょう。そこの参道で、そこかしこで売られている名物和菓子があります。それが…




「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」です!!

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

太宰府天満宮まで歩きながら食べるのがたまらない!

出典 http://chema2sa.blog.fc2.com

菅原道真が大宰府へ権帥として左遷され悄然としていた時に、安楽寺の門前で老婆が餅を売っていた。その老婆が元気を出して欲しいと道真に餅を供し、その餅が道真の好物になった。後に道真の死後、老婆が餅に梅の枝を添えて墓前に供えたのが始まりとされている。

別の説では、菅原道真が左遷直後軟禁状態で、食事もままならなかったおり、老婆が道真が軟禁されていた部屋の格子ごしに餅を差し入れする際、手では届かないため梅の枝の先に刺して差し入れたというのが由来とされており、絵巻にものこっている。

出典 http://ja.wikipedia.org

今さらですが、太宰府天満宮とは、福岡県太宰府市にある神社です。「学問の神様」菅原道真を祭っています。福岡市内から電車で30分くらいで行けます。「太宰府駅」に着くとすぐ参道です。

4つずつ焼き上げるのが基本! 皮はパリッと中アツアツ!

出典 http://yurarareci.exblog.jp

そのまま食べる場合は1個から紙に挟んで手渡してもらえます。もち粉でできているので、焼き立てはパリッとしています! 持ち帰って温めなおしても美味しいです。餡がアツアツの状態がとにかくおいしい!

お店によって味が少しずつ違います!

出典 http://ekagen.net

いわゆる「人気店」と呼ばれるお店はいくつかありますが、せっかくですので食べ比べをしてほしいと思います。筆者も行くたびに、いくつかのお店を食べ比べしています。

一応、「かさの家」さん、「寺田屋」さん、「きくち」さんなどがよく名前のあがるお店です。写真は「寺田屋」さんの梅ヶ枝餅です。他のお店に比べてお餅の皮が厚いのが特徴です。ご参考までに。




…そんな梅ヶ枝餅。普通に行って食べても美味しいのですが、激レアなのは「毎月25日」です! この日にしか味わえない特別な味が存在するのです!

毎月25日は特別な日! 「よもぎ味」が販売されます!

出典 http://www.kasanoya.com

福岡の観光名所としてまず挙げられるのは太宰府天満宮です。太宰府天満宮で有名なものと言えば梅ヶ枝餅。焼き立ての梅ヶ枝餅はそれはそれは美味しいものです。
太宰府天満宮=梅ヶ枝餅
この関係は切ってもきれないものですが、その梅ヶ枝餅が25日になるとなんと、よもぎ入りの梅ヶ枝餅になると言うのです。

■これは菅原道真の誕生日6月25日と命日である3月25日という25日にかけて、毎月25日は「天神さまの日」と設定されているらしく、太宰府梅ヶ枝餅協同組合に入っている梅ヶ枝餅屋は月に一度よもぎ入りの梅ヶ枝餅が販売されるという事でした。

■かれこれ10年近く福岡に住んでいますが、よもぎ入り梅ヶ枝餅というのは初耳でした。むしろ福岡出身の方に聞いても知らなかったりするため、知る人ぞ知る情報のようです。

出典 http://dandy3.com

ひたすら梅ヶ枝餅についてまとめてみましたが、これは本当に一度食べたらやみつきになります。また、太宰府天満宮は風情がある場所ですので、行くとほっこりできます。参道はさながら浅草の仲見世のようににぎわっていますが、梅ケ枝餅の香りがそこかしこから漂ってくる幸せな参道です。

まだ行ったことがない方はぜひ! 太宰府天満宮を訪れ、参道でこの「梅ヶ枝餅」を楽しんで欲しいです! 限定のよもぎ味は25日ですよ!

この記事を書いたユーザー

三田ルーラ このユーザーの他の記事を見る

ランニングが大好きです。一人でどこへでも行ける性格です!
出張の多い仕事なので全国のビジネスホテルにも詳しいです。
温泉付きのリーズナブルなホテルによく泊まっています。

好きな食べ物は焼き鳥、たこ焼き、クレープです。
歩きながら食べられる食べ物が好きです。

特技は電車で次の駅で降りそうな人を当てること、趣味は読書です。
シチューはご飯にはかけない派です。
人生死ぬまで楽しんだもの勝ち! というスタンスで
面白いことを更新していきたいと思います!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス