ヴィクトリア・シークレットを始め、プラダ、シャネルとラグジュアリーブランドの広告にも多数起用されてきたスーパー・モデルの一人、キャメロン・ラッセル。

そんな彼女が、世界の第一線で輝く人たちの価値あるアイデアをプレゼンすることで人気の動画、TEDで語った内容が素晴らしかったのでご紹介します。

ナイスバディを強調するようなマイクロミニのワンピース姿でステージに登場したキャメロンは、TED史上初の生着替えを披露します。

といっても、ロングの巻きスカートを巻き付け、体のラインを隠すトップスを着て、ハイヒールをぺったんこ靴に履きかえただけ。

イメージはパワフルだけど、同時に表面的なもの

出典スーパープレゼンテーション Eテレ「安藤美姫が語るTEDトーク  スーパーモデルの激白  外見のイメージと本当の私」

どこから見てもモデル風の衣装から、どこにでもいそうな学生風にチェンジする、たった数秒の生着替えで、その言葉を証明していました。

モデル志望って宝くじ当選者志望のようなもの。努力してなれるようなまともな職業じゃない。

出典スーパープレゼンテーション Eテレ「安藤美姫が語るTEDトーク  スーパーモデルの激白  外見のイメージと本当の私」

キャメロンのようなスーパーモデルを選ぶのは、雑誌やブランドの有力者たちです。

キャメロンがモデルとして活躍できているのは、顔立ちのよい白人という「遺伝子の宝くじに当たった」こと。そして、数百年来続く美の伝統を受け継いでいるからだと語っていました。

つまり、運がなければここまで成功することはなかったと率直に明かしていました。

17歳以上の女性のうち8割近くが自分の容姿に自信が持てない

これはアメリカのデータですが、日本でも大差ない数字ではないでしょうか。

私達が普段目にするファッション・グラビア誌には「遺伝子の宝くじに当たった」女性の姿があふれています。「遺伝子の宝くじに当たった」人の姿と自分を見比べていれば、コンプレックスを抱くのも当然ですね。

容姿が全てじゃない。モデルの私が言うんだからほんとよ。

出典スーパープレゼンテーション Eテレ「安藤美姫が語るTEDトーク  スーパーモデルの激白  外見のイメージと本当の私」

実はスーパーモデルであるキャメロン・ラッセルは、容姿以外のものにも恵まれています。

モデルを続ける傍ら、ニューヨークのコロンビア大学で政治学と経済学を学ぶ。

カーシェアリングの企業Zipcarの創業者を母に、同社元CTOを父に持つ。

出典 http://www.nhk.or.jp

先進国アメリカのボストンという都会に生まれた美人でお金持ち。おまけに、自身も世界に通用する名門校で学ぶ才媛です。

スペックだけ見れば、あらゆるコンプレックスから自由に見える彼女でさえ、コンプレックスに苛まれると告白していました。

髪もスタイルも完璧だから幸せになれるわけではなく、いつも自信がない。コンプレックスの塊だとも。

いつも隠してる本音はこう。”私、自信ないの・・・”いつも外見のことを考えてると、不安に・・・

出典スーパープレゼンテーション Eテレ「安藤美姫が語るTEDトーク  スーパーモデルの激白  外見のイメージと本当の私」

そして人種・性別を通じて最も「得をする」立場にいる彼女だからこそ、幸せではない姿を見せることも語ることもやりにくいのだとも、明かしていました。

成功とされるもの、失敗とされるもの。どちらもイメージの持つ力によるところが大きい。

スーパーモデルになれた私は毎日がハッピーでたまらない。あるいは、努力が報われてモデルという職業につけてとても幸せ。

そうした発言を期待されている立場にあるキャメロンが、モデルになれたのは「遺伝子の宝くじ」を引き当てた運によるもので、モデルになれたからといって、いつも幸せとは限らないと告白したこと。

従来の価値観に疑問を投げかける告白をしたからこそ、キャメロンのスピーチは大きな反響を呼びました。

スーパーモデルという「容姿で得をしている」立場にあるキャメロンは今、女性の価値を見た目だけで判断する社会に異議を唱えようとしています。自分の価値は自分で見つけようと呼びかけていました。

それは、運に左右されるのではなく、努力が裏切らない世界を目指すことこそが、自分で自分を肯定する近道だと教えてくれるようでした。

誰もがうっすらと気付きながら、誰も口にしなかったことを明らかにしたからこそ、キャメロンのスピーチはとても素晴らしいものでした。


この記事を書いたユーザー

ウォルサム このユーザーの他の記事を見る

とある地方都市在住の暇な人です。おかたいところとばっかり縁があった反動で、すっかりゆるふわ好きになりました。リラックスして楽しめる、そんな情報をお届けしたいと思ってます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス