ヒートテックと並んで冬の大定番となってきたユニクロの「ウルトラライトダウン」。お手軽な値段でありながら、実際に使ってみるほどその実力が分かるスゴイ商品だと思います。ウルトラライトダウンの人気を支える真の実力をまとめてみました。

出典 http://bizmakoto.jp

長さもデザインも色々あります。何にでも合わせやすいベーシックな形なのもいいですよね。

軽い!

出典 http://bikecamp.naturum.ne.jp

この画像では「154g」となっていますね。軽い!

従来のダウンジャケットには欠かせなかった、羽毛を閉じ込めるためのダウンパック。ユニクロと東レの共同開発により、このダウンパックをなくし、直接生地に羽毛を吹き込むことによって、軽量化に成功しました。

出典 http://www.uniqlo.com

着てないみたい、ってわかります~。

そうそう。

ダウンコートに今までなかった「携帯性」を追加したというのは革命ですよね。ほんと。

暖かい!

コラボしたら完璧です。

圧迫感ないんですよね、好きに動ける、って感じ笑

まあちょっとね、ゴミ袋っぽいっていうのわかりますけど、許して欲しいですね。

雪が降るレベルだとさすがにどうやっても寒いもんは寒いですけどね。。

小さく収納できる!

出典 http://www.uniqlo.com

ポーチが付属していて、その中にぎゅっと収納できます。収納後は500mlのペットボトルよりちょっと大きいくらい?持ち運びにもかさばりません。

ポーチに入れてコンパクトに持ち歩きできるウルトラライトダウン。カバンに入れても重くならず、寒くなったらすぐに取り出して羽織れるので、出張や旅行などさまざまなシーンでご活用ください。

出典 http://www.uniqlo.com

これは本当に助かります。筆者は冬に暖かい国に旅行した際に、日本国内用にかさばらない暖かいコートが必要でしたが、小さく畳めてスーツケースの中でもかさばらず、本当に助かりました!!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

旅行の荷物は出来るだけ小さく!が鉄則です。

動画もあります

出典 YouTube

これ見ればばっちりキレイに畳めますね。

デザインやサイズにもよりますけど、小さいですよね。

ロッカーに入るとか入らないとか、結構大きな悩みになるときありますよね。

洗濯できる!

ウルトラライトダウンは
家でジャブジャブ洗えます。

出典 http://curasutas.jp

冬のコートはクリーニング代が気になるだけに、これはとても助かります。

ちなみに洗濯用ネットに入れて洗ってくださいね。
他の衣類のチャックや飾りで
びーーーーーーっとポリ素材が破れたりする可能性があるので・・・。

出典 http://curasutas.jp

破れたらおしまいですね。。

乾燥に失敗しないためのポイントをご紹介しておきます。
1・脱水は2回行うか、時間を長めに脱水するなど、普通の洗濯物より強めに脱水を行う。
2・ハンガーに下げた際に毛が玉にならない様にパンパンと手で叩いて少し散らしておく。
3・暖かい場所で早めに乾燥させる。冬場に洗った場合はヒーターに近い場所がベスト

出典 http://curasutas.jp

乾燥に失敗さえしなければ、大丈夫だそうですよ。

コインランドリーの乾燥機なら確実ですね!

なるほど、冬に干すと乾燥が心配だけど、夏ならばっちり乾きますもんね。

この記事を書いたユーザー

bergamasque このユーザーの他の記事を見る

30代女性フリーランス。おいしい食べ物と、アジア旅行と、お昼寝と、日曜日をこよなく愛するきまぐれライター。日々の生活の中から好奇心くすぐるネタをみつけて発信します♪
twitterID:@_bergamasque_更新情報つぶやいてます。お気軽にフォローしてね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス